BLOG

伝えたいこと。
感じたままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. つぶやき
  4. スピリット・アニマル

スピリット・アニマル

屋久島を共に旅したお友達の愛ちゃんが、ひとのスピリット・アニマルをみる能力が開花したというのでみてもらいました。

スピリット・アニマルとは、自分のスピリットを象徴する精神を持つ動物で、その動物の自然の中での生き方や行動特徴を通して自分の本質に気づかせてくれたり、人生の様々な面で、サポート、ガイドとなってくれる存在なのだとか。

わたしもはじめは、アニマルからのメッセージだなんて「ほんまかいな。」と思ったし、相手が信頼のできる友達でなければ受けることはなかったでしょう。

しかし、愛ちゃんが、この能力を開花させるまでに数々の修羅場を乗り越えながら、真摯に取り組む様子を傍からみていて、これは何かありそうだという直感が働いたのです。

実際にセッションを受けてみると、これが想像以上に面白く、スピリットアニマルは、ちゃんとわたしを導いてくれ、様々な変容が起こり、魂の成長を助けてくれる存在になっていきました。これはわたしもびっくり。わたしの直感は、今回もやっぱり鋭かった!

このようなエネルギーワークで起こることは、人それぞれ。誰もが違う経験をします。

理論を超えた、なかなか理解されにくい話ですが、わたしのひとつの経験が、誰かの何かの参考になればと思いシェアします。

■ わたしのスピリット・アニマルは..

なんと、ライオンでした。しかも、優雅で優美な、白く光る、雄のホワイトライオンなんだそう。

そんな強そうな動物が、わたしのスピリット・アニマルだなんて意外で驚きでしたが、かっこいい動物の登場で、嬉しくもありました。

「あなたは、その姿や生き様をみせることで、ひとを導いていく存在。だから、もっと前にでていくといい。」

これが、愛ちゃんを通じて、最初に受け取ったメッセージでした。

わたしは、どちらかと言えば、縁の下の力持ちとして、ひとや組織を支えてきたほう。でも実は、ひと前にでることは元来好きであることに薄々気付いていて、けれど、自信がもてず、人目を気にし、躊躇し、緊張し、前にでることにどこか臆病なところがありました。

その後、スピリット・アニマルとのチャネリング回路をひらいていくと、はじめは感じられなかったライオンの存在を感じられるようになっていきます。

わたしは、エネルギーを感覚で受けとるひとなのですが、うまくチャネリングができると、ライオンの毛並みや温かさを肌で感じ、静かに隣に座っているように感じます。

ライオンが一緒だと思うと、なんだか守られているような安心感に包まれて、わたし自身も落ち着いて、どっしりと、安定していきました。

ひと前にでる覚悟が決まり、ひとを導く使命を果たすべく、肚がすわってきたように思います。

■ パートナーとのエネルギー循環

このワークがとても面白かったので、夫もみてもらうことになりました。

彼のスピリット・アニマルは、とても巨大で、力強い、猛々しい熊。夫は地球を救うために生まれてきた存在なのだとか。

夫婦でセッションを続けていくと、お互いのエネルギーが影響しあい、夫婦でさまざまな変容が起こっていきました。

夫には、身体を鍛え、行動を起こし、現実の世界を変革するように。わたしには、とにかく頑張らずに、愛され、自分を癒すように。

2人が対局するメッセージを受け取るようになり、次第に男性性と女性性が融合して、お互いの存在がより力強いエネルギーの源となっていきました。

わたしの力みがとれて安定するほど、夫の力は漲り、夫が邁進するほどに、わたしは穏やかで自由になっていきます。

スピリットアニマルの相互チャネリングを通じて、魂のもっと深いところで互いを理解し合えるようになり、絆がより深まったように感じています。

■ スピリット・アニマルとは何なのか

スピリット・アニマルは、わたし達にさまざまなメッセージを届けてくれました。願いを叶えてくれたり、疑問に答えてくれたり、生きるヒントを与えてくれます。

その存在は、結局のところ、自分自身なのだと思います。いわゆる、ハイアーセルフ(higher-self)。自分の魂です。

それが、アニマルのかたちをして、あらわれるから、なんだか不思議で面白い。

動物占いのような感覚で、気軽にお願いしたセッションでしたが、受けてみてよかったと思っています。

Thank you, Ai Sato!!

愛ちゃんのセッション、おすすめです。きっと、あなたのアニマルが、あなたがもっとも必要とするタイミングで、もっとも必要とするメッセージを届けてくれますよ〜。


◆ Guidance From Spirit Animals ◆
https://spiritanimals.amebaownd.com/

関連記事

12月 2020
No event found!
Load More