BLOG

伝えたいこと。
感じたままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. わたしの心に火をつけた、ヨガ通訳の仕事(ヨガヒストリー⑨)

わたしの心に火をつけた、ヨガ通訳の仕事(ヨガヒストリー⑨)

はじめて、ヨガを伝えるという役割を意識したのは、ヨガ通訳の仕事がきっかけです。この経験から、ヨガを本格的に学ぶ道がひらかれていきます。

◼︎前回までのお話◼︎

「ゆうきさん、シカゴで、ダーマヨガしてたんだよね?今度、ダーマヨガの先生が来日するんだけど、通訳してみない?」 

ある日、ぬんさんからそんなオファーがありました。

香港在住のダーマヨガの先生、ダフネ・ダストがspaceわにでワークショップを開催することになり、通訳はプロじゃなくてOKということで、偶然目の前に居合わせたわたしに、白羽の矢が立ったようです。

そんな大役を引き受けていいのだろうかと、不安がるわたしでしたが、「大丈夫。サポートするから。」という力強い言葉に背中を押され、引き受けることに。

ちょうど国際ヨガDAYの実行委員として、いろんなヨガの先生たちとの交流がはじまった頃で、次は海外のヨガの先生とご縁ができたことに、何か大きな流れを感じとったのかもしれません。その流れに身を任せてみることにしたのです。

■ ヨガ通訳の難しさ

とはいえ!

わたしは、通訳もヨガのリードもしたことはなく、ましてや、通訳付きのヨガクラスに参加したこともなく。ヨガ通訳のイメージすらわかず。

とりあえず、ダフネから、彼女のワークショップの音源を送ってもらい、聴いてみることに。

????

・・・・・。

ポーズの名前なのか、哲学用語なのか、サンスクリット語なのか、体の部位の名称なのか、普通の英単語なのか…

チンプンカンプン!

これは、何か手立てを講じなければ!!

まずは、ダフネの言っていることを全て書き起こし、その隣に、日本語訳をつけていきました。そして、わからないことは、調べたり、教えてもらいながら、内容を理解していきました。

次に、ぬんさんに、過去のプロの通訳付きワークショップの音源をもらい、何度も繰り返し、耳に馴染ませていきました。

同時通訳は、間合いも大切です。ヨガの流れを止めず、ニュアンスを崩さない端的な言葉選びや、センスが求められます。考え込む余地はなく、反射神経が必要です。

また、英語と日本語の構成上の違いから、先を予想しながら通訳をする技を、音源から学んでいきました。

プロの凄さに圧倒されながらも、少しでも近づけたらと、料理をしながら、お風呂に入りながら、移動しながら、ずっと音源を聴いていました。

ちなみに、このとき、繰り返し聴いていたのは、後に、わたしの師となるアンドレ・ラム先生のリトリートの音源でした。

いま思うと、アンドレの言葉は、このときから、わたしの身体に深く刻まれていたのだと思います。

■ エネルギーがわたしのからだを通って広がる

そうして迎えた、ダフネのダーマヨガワークショップ。

わたしにとって、参加者の前に座るのも、ヨガをリードするのも初体験で、はじめは緊張しましたが、だんだんと心が安定していきました。

自分を空にして、ダフネに身を委ね、言葉を紡いでいく。

ダーマ先生のエネルギーが、ダフネを通り、わたしを通って、みんなに伝わっていく。

エネルギーが広がっていくのがみえるのです。

それは、とても素晴らしく、心を震わせる体験でした。

ヨガの奥深さに、真に感じ入ったのは、このときが初めてだったかもしれません。

いままで感じてきたヨガの深みや、先生たちがわたしに伝えようとしてくれていたことが、もう一段深い次元で繋がっていきました。

■ はじめて「ヨガを伝える」を意識する

ワークショップのあと、ダフネと感動を共有していると、彼女はわたしにこう言いました。

「ダーマ先生のティーチャートレーニングに行きなさい。ダーマ先生は、79歳(当時)。いつまで現役かわからないよ。チャンスは逃さないで。」

さほどヨガの修練を積んでいないわたしが、ティーチャートレーニングだなんて!

…そう怯むわたしに、ダフネは香港に帰国したあとも、何度もメッセージで、ダーマ先生の元でヨガを学ぶことを勧めてくれました。

シカゴで偶然出逢ったのがダーマヨガで、そこから、次々と広がっていく世界。ダーマ先生との浅からぬ縁を感じ。

「よし!いこう!」と心に決めたのでした。

わたしの心に火をつけてくれた、ダフネ。

通訳という立場で、ヨガの教えをからだに浸透させ、意味を考え、理解し、自らの言葉にかえて、伝えるという経験をさせてくれました。

このときが、はじめて、きちんとヨガを学ぼうと思い、伝えるという役割を意識した瞬間でした。

そんなダフネと仕事ができたことは、わたしにとって本当に幸運なことだったと思います。

◼︎次のストーリーに続く…

関連記事

5月 2022
No event found!