BLOG

伝えたいこと。
感じたままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 足、痺れませんか?

足、痺れませんか?

「朝の呼吸と瞑想」のOnlineサロンで、こんな質問がありましたので、お答えしてみようと思います。

Yukiさんは足しびれないんですかー?!!私終わった後毎回、足のしびれと格闘している😂

わたしも、だいぶ座れるカラダになってきたけれど…、それでも足がしびれることもありますよー😂

足が痺れるときは、無理せず足を組み替えてくださいね。

ただし、無意識に動くのではなく、【動かす】という意識のもとで、組み変えること。自分自身の動作に、意識を向けて、マインドフルにあるということが大事です。

瞑想の行法によっては、痺れや痛みも観察の対象として、動かさずに観るというものもありますが、「朝の呼吸と瞑想」の短い瞑想のなかではその点にフォーカスをあてていません。呼吸への意識が逸れるくらいなら、組み変えてもらって大丈夫です。無理せず、いきましょー!

◆ 足がしびれるひとは… ◆

① 長く座れる方法をみつける

毎回足のしびれるなら、ひとまず、自分の座りやすい方法をみつけてみてくださいね。

カラダが準備できていないと、座るって、案外難しいものです。

股関節が硬い方は、お尻に高さを出すと座りやすいかと思います。

お尻のしたのクッションを厚めにするか、ヨガブロックのような高さのあるものに座るのもオススメ。瞑想クッションなども、いいですよ〜!

椅子に座ってもOKです。椅子だと、足は楽ですよね。

椅子に座る場合、足の裏で大地につけて、できれば、背もたれを使わずに座ってみてください。

② 座れるカラダつくり

一番のオススメは、座れるカラダを育てていくことです。

カラダに強張りや硬さがぬけて、支える筋力がついてくると、座法はどんどん安定していきます。

本来、瞑想を深めることと、カラダを整えることは、セットで修練していきます。

ヨガのアーサナ(体操)も、瞑想を深めるための準備段階です。

瞑想はどうしても陰に傾くので、陰陽のバランスを整える意味でも、アーサナのプラクティスとの組合せはとても有効です。

肉体も、呼吸も、プラーナ(気)も、整った状態で座ると、瞑想に深みがでてきますよー!

これ、ほんとに!

わたしも、瞑想を深めたくてヨガをはじめたのです。笑。

さらに瞑想の実践を深めていきたい方には、特におすすめしますー。

関連記事

1月 2022
2月 2022
No event found!
Load More