BLOG

伝えたいこと。
感じたままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. つぶやき
  4. 記憶の扉

記憶の扉

そういえば、わたし、舞台がとても好きだった。

小学校低学年のとき、上級生たちのクラブ発表会の演劇に感動して号泣して、絶対に演劇部に入ると決めた。

4年生になって演劇クラブに入って、はじめて与えられた「子供①」の役で、たった一言のセリフが嬉しくてたまらなかった。

練習も、舞台の準備も、出番までの舞台袖も、一瞬で終わる本番も、舞台上で浴びるスポットライトも、たまらなく好きだった。

舞台を観に行く機会があると、その世界に没頭し、ひきこまれた。

自分で台本を書いて、友達と演劇ごっこをした。

あるもので、世界観をつくるのが楽しかった。

それが、わたしの遊びで、創造だった。

小学校5年生の3学期で転校した先には演劇部はなく、そこから舞台の道に戻ることはなかった。

もしも、わたしが、ずっと好きなことに没頭できていたとしたら、舞台や演技に関わることをしていたんじゃないかと思う。

いつの間にか、ひと前にでる仕事は怖いものなんだと刷り込まれて、みないようにしてきた道。

わたしが歩まなかった道。

パラレルワールド。

3日前に出逢った、いま、女優として舞台に立つひとと、互いの人生の深く掘り下げながら語り合っていたら、そんな幼い頃の記憶の扉がひらきだした。

わたしの魂を震わせていたものは何なのだろう。

わたしにブロックをかけていたものは何なのだろう。

そこに沢山の宝物が眠っている気がするから、そのひとつ、ひとつを、丁寧にみてあげようと思います。

どんな発見があるかな…

関連記事

5月 2022
No event found!