BLOG

伝えたいこと。
感じたままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ヨガ
  4. アンドレ・ラム サットサンガの要約

アンドレ・ラム サットサンガの要約

6月10日(水)に、コロンビアのアンドレ・ラム(Andrei Ram)先生と、オンライン上でサットサンガ(お話会)を開催しました。

アンドレは、世界的に活躍しているヨガ・マスターで、世界各国のヨガの実践者たちにヨガ・サイエンスを伝えている方です。わたしのヨガの修練に、最も影響を与えている師でもあります。

そんなアンドレが、あらゆる物事の見直されつつあるこの大切なタイミングで、日本のヨガ実践者たちに向けて発してくれたメッセージ。

わたしの心の響いた言葉を纏めてみました。

母なる大自然への愛と尊重。
自分の内側をながめて、もとはみな同じものであるという、集合体としての意識に目覚め、それに根ざした真の自己にふれていく。この数ヶ月間は、そんな気づきを得るチャンスでもありました。

隔離された世界のなかで、外に刺激を求めることができなかったからこそ、多くのひとが、自分の内側にあったものと対峙し、それに向き合う時間になったのではないでしょうか。どんなにテクノロジーを駆使しても、人類がコントロールできないものがあることを知り、働き方、家族との時間、あり方を見直す機会にもなりました。

その経験を通じて、これから創造していく世界は、もっと自然や空気、生き物に意識を向ける社会であってほしいと願っています。これまでの文明や経済は、自然を蔑ろにしてきました。そのあり方を反省し、自然とともにあってほしい。

わたしは、愛と慈悲の心をもつ、人間性を信じていますので、きっと私の願いは叶うと思っています。そして、今までよりもずっと豊かで、自然でナチュラルな世界になっていくと信じています。

コンパッション(compassion, 慈悲, 思いやる)とは、他者を憐れむということではなく、そのひとの視点からみるということです。

自分の意図(≒バイアス)を持って、他者に接するのは、他者への尊重が欠ける行動といえます。自分の意図(≒バイアス)を離れて、相手の気持ちに素直に意識を向けて、相手がみている世界も尊重してみましょう。

疾患のあるひと、精神的な恐れを抱いているひと、高齢者に対しても、慈悲の心を持つことが大切です。そういった立場の弱いひとや、少数派のひと達も含めた、すべての人たちが、社会に参画し、尊重されるような真のデモクラシーを目指していかなければいけません。

わたしの行動は、これからもあまり変わらないでしょう。国境がひらいたら、また飛行機に乗って、みなさんに会いにいくでしょう。ですが、これまで以上に、調和と慈悲を大切にした行動を選択していきます。

飛行機に乗る回数を減らしたり、不要な消費を減らし、人と物をシェアをしたり、環境に配慮した選択をとっていくでしょう。いままで以上に、地球を気遣う行動ができるはずです。

隔離期間は、わたしたちの経済活動にも影響を与えました。経済活動が停滞し、私たちの収入は減りましたが、同時に支出も減らすことができることに気づいたでしょう。

「Less is more」
— わたしの大切な友人サティシュ・クマールの言葉ですが、足るを知り不必要なものを減らすと、より豊かになるものです。

内観するとは、行動にうつすまえに、一瞬、立ち止まって、気づくことです。そして、気づきをもって、行動していきます。私たちひとりひとりの行動が、今の現実をつくっています。その行動に気づきをもつことで、世界をよいものへと変えていくことができます。

内観(reflection)すると、起こる全ての物事は、すべて自分の内側が作り出していることに気づきます。もしも外側から傷つけられたと思っても、それはあなた自身の認識が作り出したものです。

だからその傷を癒し、取り除くことができるのも、あなた自身です。もとはみな同じもの、「私と私以外」という境目などなく全てが1つである、という認識に変わることができれば、あらゆる傷はたちどころに癒えていくことでしょう。

ヨガは、そんな真の自己への気づき(Self-Realization)に導く長い旅です。アーサナ(体操)は、ヨガの旅のほんの入り口にしかすぎません。アーサナは、ヨガの実践者の意識を思考から肉体に還すために行うものです。

肉体は自然そのものですから、肉体に還るというのは、自然に還るということです。自然に還ることができてはじめて、霊性の、スピリチュアルな修練がはじまります。

自分自身の肉体を尊重し、愛しましょう。いい関係を築いていきましょう。この世で生きるかぎりは、そこがあなたの家です。もしも自分自身の肉体を尊重し、愛することができなければ、自然も地球も愛することはできません。

あなたが自分の肉体を愛し、自然を愛することができれば、あなたは、何でもすることができます。何でも創造できます。自然を愛するあなたは、すべてを作り出している、霊的な根源(supreme source)とつながることができるからです。

日本のヨガの実践者の皆さん、わたしは皆さんを心から愛しています。わたしの魂は、日本人のもつ魂ととても近いと感じています。日本古来からあるアミニズム(八百万に神が宿るという考え)が日本人の信条だと思います。

自然、森林、生命に敬意をもち、自然と共に生き、自然を敬う姿勢がとても好きです。美しい日本人の魂を大切にしていください。

そして、日本人がもつ全体意識を大切にしながら、みなさん一人一人も同じぐらい大切にしてください。社会はひとりひとりが集まってはじめてできるものです。

ひとりひとりはどれだけ小さく思えても、そのちっぽけなわたし達ひとりひとりの行動が集まって、この世界を創造しているのです。ひとりひとりが、創造する力をもつ、世界の創造者なのです。

大好きな日本にまた行ける日を、心から楽しみにしています。

2020年6月10日 アンドレ・ラム・サットサンガ より要約
*質疑応答形式の対話を、わたしの言葉で要約して編集しています。アンドレ本人の言葉は本編をご視聴ください。


本編はこちら(Facebook)

アンドレ・ラム サットサンガ

◆◆ヨガの師 アンドレ・ラム サットサンガ(お話会) ライブ配信◆◆6月10日(水)21時から約1時間、コロンビアのアンドレ・ラム(Andrei Ram)先生と、オンライン上でサットサンガ(お話会)を開催しました!アンドレは、世界的に活躍しているヨガ・マスターで、世界各国のヨガの実践者たちにヨガ・サイエンスを伝えています。そんなアンドレが、あらゆる物事の見直されつつあるこの大切なタイミングで、対話を通じて、日本のヨガの実践者たちにメッセージを発信してくました。みどりさんの通訳あり。・いま、世界で起きていることをアンドレはどうみているのか?・私たちがこれから目指すべき社会をどのようにみているのか?・その目指すべき社会において、わたしたちひとりひとりに求められるあり方をどのようにみているのか?■ 日時:6月10日(水)21時開始 約1時間<ゲスト>アンドレ・ラム(Sri Andrei Ram)<ホスト>司会:ぬん(榊原慶祐)通訳:みどり(玉手みどり)事務局:ゆうき(南郷ゆうき)

榊原 慶祐 ぬんさんの投稿 2020年6月10日水曜日

◆ アンドレ・ラム(Andrei Ram) プロフィール

出身地コロンビアにおいて、独学で長年に渡り、瞑想、ヨガを習得する。

2003年に渡米し、NYにて現代ヨガの巨匠「ダーマ・ミットラ(Dharma Mittra)」と出会う。生活の大部分をダーマとともにすごし、2010年までそのヘッドティーチャーとして活躍する。

 2011年にダーマのもとを離れてからは、世界中のヨガの実践者に向けて、伝統に基づくヨガの科学を現代に適応させ、ヨガを生活の中に確立していく道を教えてまわっている。ヨガの流派や技法を超えて、「私たち一人一人も母なる大自然の一部である」という高次の意識の目覚め・真の自己への気づき(self-realization)をもたらすことを使命としている。


◆ (参考)イベント告知

関連記事

7月 2020
No event found!
Load More